スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営のヒント(22)【大不況を乗り切るための緊急避難策】

田原会計事務所の田原です。

 震災の年、本当に厳しい経済状況下で、大騒ぎしている公務員宿舎の建て直し問題。いかにも世間との感覚の違いを感じます。日本自体が勝ち残り、生き残るためには何をすべきか?といった経営センスなくしてはTPPが国益にどう作用するのかなど、判断できるはずもありません。

 さて、我々経営者は生き残るため、勝ち残るために、何をしなければならないのか?今月も経営のヒントを送らせていただきます。皆様の気づきの一助となれば幸いです。

*********************

経営のヒント(22) 【 大不況を乗り切るための緊急避難策 】

 大不況を乗り切るためには、特に中小企業の場合、緊急避難策が必要です。いくつかポイントがあります。経営状態に差異もありますが、まずすべき事は、営業損益、営業キャッシュフローのマイナスを止めることです。借り入れではありません。なぜならそれが出来たとしても、あっという間に無くなってしまうからです。そのために重要なのは、「コスト構造の改革に聖域を作らない」事です。端的な例でいうと、御社は仕入れを行う際に、相見積、価格交渉、また支払サイトの交渉を徹底していらっしゃいますか?長年の付き合いだからと、済し崩し的に決済をされていないでしょうか?大企業ではこのような会計の管理が徹底されています。もう一度営業損益、キャッシュフローの改善のために何が出来るかをゼロベースで考えるべきです。

 次に、強みに集中することです。不採算事業の撤退に迷わない事です。将来採算が見込める事業であっても、「今を乗り切るために」凍結し、状況が改善すれば改めて取り組めば良いのです。

 そして、全社員で現実を共有する必要があります。正しい危機感を持ち、全員で手分けをしてキャッシュフローの改善に取り組みます。社長や経営陣がいくら危機意識を持っていても、実際に現場で動く社員にそれが無ければ、結果に繋がりません。そして、現場で働く社員は全社的な視点で見ることが少なく、想像以上に楽観的な場合があるのです。ですから会社の現状を率直に伝え、全員に協力してもらう必要があります。例えば、事務用品一つとってもコスト改善は可能なのですから。

 最後に、スピードを重視する事です。計画を立案してから実行に移すまでのスピードの差がそのまま経営状態の差になるといっても過言ではありません。営業収益を改善する、キャッシュフローを改善するために出来ることは、即やる。やって見て改善が必要なら即改善をするということが不景気の時代には欠かせません。

 このように、不況の時代には緊急避難策をとり、再成長に向けてまずは生き残ることを考えられてはいかがでしょうか。


***********************
スポンサーサイト

テーマ : 山梨
ジャンル : 地域情報

ありがとうございますっ!!

田原

Author:田原
ご訪問ありがとうございます!!


おせっかい型税理士ブロガー、田原です。


税務の枠にとらわれず、
コンサルタントの現場や、
売上アップに役立つ情報もお伝えします。
副業を大きくしたい方や、
起業を志す方や、
事業主や社長に役立つ情報を、
少々おせっかいにお伝えしていきます。


社長というのはとても大変な仕事です。
落ちるはずだった手形が急に落ちなくなって真っ青になったり、
同業者からのやっかみがあったり、
人に投げなきゃいけない業務を投げると裏切られたり、
一方を立てればもう一方が立たなかったり…。
本来、
社長というのはとても孤独な職業です。
社長は悩みを一人で抱えています。


私が税理士の下積み時代の時です。
ある日、
一人の社長との連絡が途絶えました。
私は、
『着信を残しているからまたすぐに連絡が来るだろう』と考えて、
そのまま忙しさにかまけて連絡を待っていました。


2ヶ月後、
その社長は帰らぬ人となりました。


私は経済学修士。
今まで一生懸命、
数字について勉強してきました。


でも、
数字はしょせん、
後から付いてくるものでした。


税務は、
会社の経営を通して、数字となって出てきます。
その数字は会社の売り物を通して出てきます。
会社の売り物とは、
事業主の人生そのものです。


これからも、
多くの社長から謙虚な気持ちで人生を学んで行きます。
ブログ記事の中で役立ちそうな記事がありましたら、
ぜひお気軽にお問い合わせください。


異業種交流会を随時開催しています。
社長にとって必ず役立つ、
情熱的で実践的なセミナーです。
数字の話は一切しない、
想像力をかきたてる勉強会です。
お気軽にお問い合わせください。
心よりお待ち申し上げます。


おせっかい型税理士を自負する私ですが、
実物は物腰の柔らかいタイプです。(笑)
もっともっとコンサルタントに自信を持って、
おせっかい型を目指す!!
ことも目標にしています。(笑)


不況はチャンス!!
みんなで一緒に成功しましょう!!


田原俊幸
田原会計事務所
山梨県甲府市伊勢3-6-19
055-225-3622
トップページはこちら

こんなことがありました。
こんな分野があります。
こんなメッセージをいただきました。
こんなブログと交流があります。
検索できます。
RSS
リンク先の一覧。
携帯電話から読むためのQRコード。
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。